読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日なにしよか

関西の大学4年生が学びと読書について

悩み

今はとても幸せで、特に悩みもなく生きているということ。さらには、そのうえで無理に悩もうとしている自分がいる。

 

たしかにそうだなと思わされる一方で、この幸せは自己において完結するものな気がする。

生きる上でこの状態にあるなら充分なようなきもするが、僕はさらに自分の周りにも幸せでいてほしい。

 

知り合いがFBで書いていたことがほんとに気持ちを表していて、世界平和なんて言われるとわからんけど

自分の周りぐらいは幸せでいてほしいし、不条理から助けたい。いざというときに動けるような存在でありたい。そう思う。

 

その半面スタートアップかぶれはいっぱいいるのが今のIT業界で、辛いとすぐにやめてしまう。

覚悟ないこと。理想を口にするだけで行動できない、実力ない人もおおくいるのが事実。

 

これから生きていくうえではそこは理解していないといけないだろうし、今その瞬間に対して全力になれないなら

おそらくほんとに大切な瞬間も中途半端で終わるのだろう。

 

覚悟を決めねば。

この先の人生で後悔なんてしたくない。

 

そういや、悩みと言えば

テスト前にやってくる”くれくれ”の存在。テストの範囲おしえてー。ノート見せて。過去問みせて。プリントちょうだい。

個人的な話だけすればこういうのがとても嫌いだ。

 

人が真剣にでていた時間をただでよこせというのだから。その瞬間お前は好きに遊んでたんやろ?人の時間をただでもらっているような気がして、

なんか好きになれない。特にこの時だけ友達顔しているやつほど。

その一方で人を助けることや、最終的に彼らのためにならないし、気にせずわたせばいいんじゃないかという考えもあって

ちょいちょい迷ってしまう。

まあ、最終的にはプリントを見せてあげるんやけど。

 

これに対してどう対応すべきなんだろうか。